mashua マシュア ロゴ

story of mashua マシュアシリーズ開発の裏舞台を大公開!

女性のセルフケアを叶えるビューティー&ヘルスケアシリーズとして、マッサージチェアのパイオニア「フジ医療器」から誕生した「マシュア」。からだをいたわる本格機能とこころがときめくデザインの両立を目指し新たにチャレンジしたブランド開発の裏には笑いあり、涙ありの、数々のエピソードがありました。

  • マッサージチェアマイスターとチームマシュアのリーダー
    創業60年目の新たなチャレンジ。
  • チームマシュアのメンバー一同
    フジ医療器初の女性チーム誕生。
  • チームマシュアの企画会議
    女性による、女性のための企画会議。
  • フジ医療器第一号モデルのマッサージチェア
    開発チームの誇りをかけて。
  • チームマシュアメンバーと第1弾商品フットエアマッサージャー
    マシュア第1弾製品、ついに完成。
  • チームマシュアメンバーの想い1
    愛すべき、からだと、こころに。
  • episode01
  • episode02
  • episode03
  • episode04
  • episode05
  • episode06

episode1 創業60年目の新たなチャレンジ。

ひとりでも多くの方に愛されるフジ医療器を目指して。

立ち話をするマッサージチェアマイスターとチームマシュアのリーダー
マッサージチェアマイスター 藤代
女性企画チーム 小松
マッサージチェアのもみ玉

マッサージチェアのパイオニアとして60余年の歴史があるフジ医療器。「マシュア」の開発が決まったのは、昨年の夏のことでした。国内のマッサージチェア市場ではトップクラスのシェアをもつ当社ですが、ご愛顧をいただいているのはご年配のお客さまが中心。そこで、「若い女性層のお客さまにもご利用いただきたい」との想いから、マシュアの開発にチャレンジすることになりました。

マシュアの機能開発を監修したマッサージチェアマイスターの藤代は、当時をこう振り返ります。「これまでマッサージチェア一筋だったので戸惑いもありました。しかし、マッサージチェアと同様に女性向け製品もマッサージ機能に対する要望が多いと聞き、これならフジ医療器らしい製品がつくれると確信しました」。しかし同時に、ある懸念もあったといいます。それは、女性好みのテイストをいかにして製品に取り入れるかということ。そこで白羽の矢が立ったのが、フジ医療器の女性社員たちでした。

女性がつくる、女性のための新ブランド。

マッサージチェアの機能について説明を受けるチームマシュアのリーダー

「女性向け製品を企画したくてアイデアを温め続けてきたので、ついにこの時が来たと興奮しました。フジ医療器はマッサージ機能には定評があるので、そこに女性ならではのテイストを盛り込めば、これまでにない斬新な製品ができると期待が膨らみました」と語るのは、マシュアの企画を担当した女性チームのリーダーを務める小松。マッサージチェア専業メーカーならではの本格機能と、女性ならではのアイデアがひとつになったビューティー&ヘルスケアシリーズ「マシュア」。その開発は、こうしてスタートしました。

  • episode01
  • episode02
  • episode03
  • episode04
  • episode05
  • episode06

episode2 フジ医療器初の女性チーム誕生。

すべてのはじまりは、ある女性社員の本音から。

女性の視点を大切に行われる企画会議

女性のセルフケアのために誕生した新シリーズ「マシュア」。その開発に女性ならではの視点が大切だと改めて実感したのは、とある日のランチでの出来事でした。

ある女性社員が、「うちの商品って機能はスゴいけど、自分の家に置くのはちょっとねぇ・・・」とつぶやいたのです。これまでマッサージチェアづくり一筋のフジ医療器。社内でそのような衝撃発言はご法度・・・のはずなのですが、なんと一緒にいた女性社員たちが、「若い女性向けのデザインではないよね」「好きなカラーもあんまりないし・・・」と次々と賛同しはじめたのです。これらの発言の数々は、言わば女性のお客さまの「本音」。マシュアの開発になくてはならない感覚だったのです。この一件が決定打となり、創業60年のフジ医療器で初となる「女性企画チーム」の創設が決まりました。

女性企画チーム「TEAM mashua」結成。

様々なアイテムを手に取りアイデアを出し合うチーム
女性ならではのアイデアのために用意されたマカロンやマシュマロ

女性企画チームのリーダーに任命された小松は、すぐさま各部署から女性社員をピックアップ。「女性が本当に欲しいと思える製品を一緒につくろう! メーカーの醍醐味を味わおう!」と、一人ひとりに、熱く、粘り強く説得にあたりました。「チームに誘われたときはプレッシャーもありました。でも、それ以上に自分たちと同じ女性のための製品を企画できることが嬉しかったですね」と、チームの面々は口を揃えます。こうして、女性企画チーム「TEAM mashua」が誕生。チームの中心メンバーは、リーダーの小松を筆頭に、商品販促、マーケティング、品質保証、営業など、さまざまな部署から選抜した6名。かわいいグッズに目がないメンバー、主婦業もこなすメンバー、美容情報に敏感なメンバーなど、あらゆる視点からマシュアの可能性を探求できる個性が揃いました。

「フジ医療器はマッサージ機能を追求した製品づくりでご愛顧をいただいてきたので、マシュアはその“らしさ”を継承しながら、女性ならではのアイデアをたっぷり詰め込んでいきます」とメンバー一同。その言葉どおり、企画会議では机上におしゃれ雑貨やマシュマロなど、さまざまなアイテムがずらりと並んでいました。これは、男性が中心となってやってきたこれまでの企画会議ではありえないこと。そのエッセンスは、後にマシュアシリーズ第1弾製品にたっぷり活かされることになりました。

  • episode01
  • episode02
  • episode03
  • episode04
  • episode05
  • episode06

episode3 女性による、女性のための企画会議。

現代の女性を支えたい、という想いを込めて。

外に出て女性のライフスタイルを肌で感じるチームマシュアのメンバー
人気スポットに訪れリサーチを行うチームマシュアのメンバー

女性の“欲しい”を叶える製品づくりを目指して活動をスタートした女性企画チーム。まず最初に取りかかったのは、現代の女性のライフスタイルについて知ることでした。近年、はたらく女性は増加傾向にありますが、その一方で女性が家事や育児にかけている時間は、10年前に比べてほぼ変わっていないというのが実情。そこで、忙しい暮らしのなかでも「疲れを解消したい」「癒されたい」という女性の想いに応えられる製品をつくっていくことを決めました。「大げさに聞こえるかもしれませんが、世の中の女性を支えたいという想いでプロジェクトをスタートしました」と、メンバーは当時の想いを振り返ります。

こうして、マシュアシリーズ第1弾製品の開発がスタート。もともと女性の健康や美容に詳しいメンバーですが、セルフケア製品を扱う家電量販店はもちろん、オシャレな雑貨店やマッサージ店など、女性に人気のスポットを巡りながらリサーチを行いました。そして、数ヶ月にわたって集めたアイデアをもとに、理想のセルフケアについてのディスカッションを実施。普段からマッサージチェアに触れているだけに、マッサージ機能に対する要望はきめ細かく、リアリティのある女性の本音が飛び交いました。

女性ならではの感覚と発想を活かして。

第一弾商品のデザインを企画会議で検討するチームマシュア
第一弾商品の生地候補サンプル

また、マシュアシリーズの開発において大切なデザインについては、カラーや素材選びも含めて、ほぼすべてを女性企画チームが担うことが決定。企画会議では男性スタッフもカラーを提案したのですが、その色を見たメンバーは思わず絶句したといいます。男性目線で考えられたカラーは、女性にとってはどれも “ありえないカラー”だったのです。「やはり女性の好みは、女性がいちばんよく知っています。マシュアのデザインは、いろんな女性向けグッズをヒントに、わたしたちがユーザーとしての本音も入れながら企画していますので、きっと気に入っていただけると思います」と、女性企画チームのリーダー小松は自信をのぞかせます。

こうして、こだわりを詰め込んだマシュアシリーズ第1弾製品の原案が完成。デザインのサンプルを見たメンバーたちは、「ふわふわしてて、かわいい!」「これなら自宅に置きたい!」と、想像以上の出来ばえに、いつになく満足げな表情でした。

  • episode01
  • episode02
  • episode03
  • episode04
  • episode05
  • episode06

episode4 開発チームの誇りにかけて。

機能もデザインも、理想を叶えるために。

マッサージ機能の技術開発を監修するマッサージチェアマイスター
工場でマッサージ機能の検討をするチームマシュアのメンバー

マシュアプロジェクトが始動し、着々と構想が固まるなか、開発部門では技術者によるマッサージ機能の開発がスタートしました。今回、マシュアのマッサージ機能の技術開発を監修するのは、フジ医療器が誇るマッサージチェアマイスターの藤代。歴代のフラッグシップモデルも手掛ける、フジ医療器のもみの神髄を知りつくす第一人者です。

近年、マッサージチェアは機械に頼って開発するのが一般的ですが、フジ医療器では藤代をはじめとするマイスターチームの感覚を基に開発を行っています。これは、エアーバッグの膨張と収縮のタイミングなど、人が感じる0.1秒の違いにこだわり、心地よさを届けたいという想いがあるからです。「マシュアシリーズはかわいいデザインが注目されがちですが、実はパワフルで上質なマッサージ機能も魅力のひとつ。マッサージチェアの開発で培った技術とノウハウを、小さなボディにギュッと凝縮しています。マッサージチェアのパイオニアとして、もみの品質にも満足していただきたいので、わたしたち技術開発チームも女性企画チームに負けていられません」と藤代は言います。マッサージ機器の開発において、コンパクト性とマッサージ機能の両立は容易ではありませんが、今回の開発では女性に本当に喜んでいただけるものを目指してデザインと機能のバランスをギリギリまで追求したと言います。「小型なのに、パワフルです。実際に使っていただけると、その違いがきっとおわかりいただけるはずですよ」。

女性の声をもとに追求した、真のここちよさ。

フジ医療器第一号モデルのマッサージチェア 機械遺産に認定されたマッサージチェア第1号

フジ医療器では、マッサージチェアを開発する際に20代〜50代の男女を中心にさまざまな人の意見を集約し、最終的に藤代が調整するのがならわし。しかし今回の開発では、女性の意見をより多く取り入れました。“女性はむくみに悩んでいる人が多い”という意見をもとに血行促進をサポートする機能をつけたり、試作品をつくってはいちユーザーとしての感想を求めたり、女性企画チームと恊働しながらブラッシュアップを重ねました。「完成品を試してみたのですが、ぎゅっぎゅっとふくらはぎを包み込んでくれるようなマッサージが心地よかったです。コンパクトですが、エアーバッグの収縮やインターバルの時間、もみの強さなどはマッサージチェアと同様の技術をベースに開発していますので、機能においても自信作に仕上がったと思います」と藤代。その言葉に、女性企画チームもご満悦の様子でした。

  • episode01
  • episode02
  • episode03
  • episode04
  • episode05
  • episode06

episode5 マシュア第1弾製品、ついに完成。

脚のむくみをいたわる、本格フットマッサージャー。

第1弾商品の確認をするチームマシュアのメンバー

昨年の夏にスタートしたマシュアプロジェクト。女性企画チームと技術開発チームのコラボレーションにより、2015年3月、ついにシリーズ第1弾製品が完成しました。構想期間を含めると、その開発にかけた期間は約8ヵ月。最初はプレッシャーに押しつぶされそうになっていた女性企画チームの面々も、「お客さまと同じ視点で考え抜き、本当に欲しいと思える製品を追求できました」と、プロジェクトを通してたくましく成長しました。

第1弾商品フットエアマッサージャーを前にしたチームマシュアのメンバーと上司 第1弾製品が完成

マシュアシリーズの記念すべき第1弾は、女性にとって最も身近なお悩みのひとつである脚のむくみを、じっくり、しっかり、いたわるために誕生した製品。 “おとなカワイイ”デザインにこだわりながら、マッサージチェアのパイオニアならではの本格的なマッサージ機能を搭載したフットマッサージャーです。

マシュアプロジェクトのリーダー、小松はこう振り返ります「創業から60年、男性中心で開発を行ってきたフジ医療器において、女性企画チームを中心に進めてきたマシュアプロジェクトは新たなチャレンジでしたが、それに相応しい製品に仕上がりました。最近、家電量販店や雑貨店でかわいいマッサージャーをよく見かけますが、マシュアのようにここまでしっかりもめるものは珍しいと思います。脚のむくみに悩んでおられる方や、これまでのフットケアに満足できなかった方には、ぜひともお試しいただきたいですね」。

フジ医療器のすべてのスタッフの想いをのせて。

フットエアマッサージャーを営業スタッフへ託すチームマシュア 女性企画チームから営業スタッフへ

実は、ここまで完成度を追求できたのは、フジ医療器の全スタッフの協力があってのこと。当初、マシュアの開発はマッサージチェア開発の片隅でひっそりスタートしたプロジェクトでしたが、女性企画チーム、技術開発チームの奮闘ぶりが知られるにつれて、プロジェクトは社内全体に波及していきました。たとえば製品カラーを決めるときも、商品部が20種類以上の色見本を調達。これだけ多くのサンプルを用意したことは、ここ数年ではあまりなかったことです。また、マシュアシリーズの立ち上げを成功させるべくブランド戦略の経験豊富なスタッフがアドバイザーとして携わったり、他部署の女性社員が率先して試作品のモニターを担当したり、営業スタッフが女性のお客さまの声を集めたり、日を追うごとに頼もしいパートナーが増え、あっという間に一大プロジェクトに成長しました。こうして、女性企画チームから技術開発チームへ渡り、フジ医療器のすべての社員の想いをのせたフットエアーマッサージャーが誕生。その行く末は、営業スタッフに託されることになりました。

  • episode01
  • episode02
  • episode03
  • episode04
  • episode05
  • episode06

episode6 愛すべき、からだと こころに。

毎日のセルフケアにうれしいアイデアが満載。

マシュアシリーズ第1弾フットエアマッサージャー ピンク シリーズ第1弾フットエアーマッサージャー 3色でマシュマロ型収納ケースのフットエアマッサージャー 収納するとかわいいマシュマロ型に

からだとこころの健康を叶えるブランドを目指し、昨年の夏にスタートしたマシュアプロジェクト。本日、2015年4月16日、シリーズ第1弾となる「フットエアーマッサージャー」を発売しました。女性企画チーム「Team mashua」が提案するフジ医療器の新シリーズは、女性ならではのアイデアを随所に盛り込んだ、毎日のセルフケアにぴったりの製品となりました。

一般的に脚がむくみやすいことはよく知られていますが、疲れがたまりやすいポイントは人によって違います。そこで、ふくらはぎから足先まで広範囲のマッサージポイントをカバーできるよう、ブーツ型の本体を採用。内部にはマッサージチェアマイスター監修のエアーバッグを計14個も搭載し、脚全体をしぼりあげるようにマッサージを行います。心地よさのポイントとなるエアーバッグの形状や動き、コース設定などにも、マッサージチェアの開発で培ったノウハウを応用。コンパクトでありながら、脚の疲れやむくみでお悩みの方にもぴったりの、本格的なフットマッサージがお楽しみいただけます。

また、デザインにも女性にうれしい工夫がたっぷり。付属のカバーをかぶせるとマシュマロのような形になるので、インテリア雑貨のように魅せて収納することが可能です。起毛素材をつかっているので、手ざわりもふわふわ。ピーチ、ショコラ、ブルーベリーの3色をラインナップし、お部屋のテイストに合わせてお選びいただけます。さらに、カバーを取り付けても約2,600gと軽量なので、持ち運びも簡単です。

癒しのひとときを、マシュアとともに。

チームマシュアメンバーの想い2
チームマシュアメンバーの想い3

フットエアーマッサージャーの発売にあたり、Team mashuaのメンバーには、ひとつの想いがあります。それは、「女性の皆さまに、からだとこころをケアする時間をもっと大切にしていただきたい」ということ。日々の暮らしのなかで仕事や家事、育児などに追われていると、なかなか自分の時間を取ることができません。ご家族やお子さまなど、大切な人のために頑張っていると、つい自分のことは後回しになってしまいがちです。だからこそ、からだとこころをいたわる時間をつくり、マシュアで癒されていただきたいと考えています。この想いは、「愛すべき、からだと こころに。」というマシュアのキャッチコピーにも込められています。

「ひとりでも多くの方に使っていただけるとうれしいです。これから新製品を開発したり、カラーバリエーションの豊富な製品をつくったり、マシュアシリーズをもっと充実させていく予定です。そして、いつかは女性専用のマッサージチェアなども企画できればいいですね」と、Team mashuaの想いはふくらむばかりです。

現在、マシュアシリーズ第2弾製品の開発が早くもスタート。公式Facebookではシリーズの最新情報はもちろん、癒し情報の紹介など暮らしに役立つコンテンツを配信中です。ぜひ、マシュアシリーズの今後にもご期待ください。